bitwalker
サービス
  • 仕事の流れ
  • システム
  • インターネットメディア事業
  • アプリ開発
  • デザイン
  • クラウドサービス
製品情報
  • ブックる
  • ファンくる
  • ママくるアイランド
  • LessCa
  • WORK FRONT
会社情報
  • 会社概要
  • 沿革
  • 企業理念
採用情報
  • 募集要項
  • 先輩の声
お問い合わせ
先輩の声

入社当初、通っていた大学で専攻していた学部と今の仕事は全く別の分野で、本当にやっていけるのか?という不安がありました。
しかし社内の環境はその不安を一掃してくれるものでした。
プログラムも丁寧に教えてくれ今までは全く違う世界だと思っていたものが、徐々に理解が深まっていき、自分の身になっていく実感をしました。

社会人としてスタートを切った日、これからの自分がどうなっていくのか、まったく知らない環境でやっていけるか、不安ばかりの気持ちを抱えて始まった社会人生活でした。

実際に業務がはじまりデザイン部として業務につき、学生時代に学んできたことが役に立ち、与えられた業務もなんとかこなしていけるのではないかと思いかけていた頃、ある案件で自分がメインでデザイン構成をやってみないかと、上司に勧められました。正直、ある程度こなせるのではないかという自信も付いてきた頃だったので尻込みして断る理由はありませんでした。
実際作業に入ってクライアント様の要望をくみ取り、それを基にたたき台をつくりました。その時は初めてにしてはわりとよくできたと思い、それを上司に確認をお願いしたんです。
衝撃でした。上司は自分のクセや弱点をよく理解していました。デザインを構成する上でただそれらしいものを仕上げる作業になっていることを、いろいろな角度から説明してくれました。

もともと“人の気持ちと繋がる”ということを重視している会社であるということは分かっていたのですが、それはクライアント様から依頼された仕事への心構えだと思っていたんです。でもそれは違いました。社内のスタッフに対しても同様に、“繋がり”ということを強く意識しているんだということに気付かされました。今までは全て自分でやることで評価されると思っていましたが、それからは苦手なことは相談にのってもらい、それまでの自分では表現できなかったことができるようになり、発想の幅も広がり、デザインのクオリティに繋がっていることが実感できます。

答えがあるわけではない、奥の深い業界なので、まだまだ現在も日々自分磨きの最中ですが、それを見ていてくれる先輩や上司がいることをが分かってからは、より一層仕事へのモチベーションがあがりました。今は任される業務も増え、後輩に私がしてもらったようなアドバイスができるよう、日々頑張ってます。